脱藩浪士タイプの人の性格

脱藩浪士
脱藩浪士キャラクター

脱藩浪士タイプの人の性格とは?

  • 即断即決はあえてしない
  • いわゆる器用貧乏なんです
  • 自由と平等と博愛主義
  • 思い込みや先入観が強すぎる
  • 誰も気付かない程度の計算高さ
  • こうと決めたら恐いぐらいに徹底的
  • 全体が見えないと一歩も動けない
  • 世を渡るバランス感覚がピカイチ!
  • 「はいッ!」と返事だけはイイ

脱藩浪士タイプの人の前世とは?

脱藩浪士として大志を抱き、日本全国を嵐のように駆け巡り、社会体制の変革を求めた。パワフルで物怖じすることなく、お世辞も言わない性格で、誰に対しても論理的にハッキリと物を言うので一目置かれる存在でした。だからこそ脱藩して隔たりのない世の中を作ろうと奔走していた。宿に困った時は武家屋敷の娘に頼んで内緒で蔵に泊めてもらったり、時には知らない流浪人に理由もなく命を狙われることもあった。

脱藩浪士タイプの人の現世とは?

強い自我を持っているため大人びて見られるが、年を重ねるごとに若々しく社交的になっていく。理想主義者で理不尽なことが許せず、弱者を守るために権力に立ち向かうほどの反骨精神と闘志を持っている。機転が利き責任感もあり、決断力、実行力ともに優れているので頼もしい人物として多くの人から信頼を得る。時には気取り過ぎだと思われて孤立する恐れもあるので、謙虚になって穏和な人間関係構築を心掛けること。経験を重ねるごとに自分や世間を観察する力が養われていく大器晩成のタイプ。

  1. 【公開日】
  2. 【更新日】
  3. 【著作者】