他の日付で前世占い Home Next

落語家タイプは?【前世占い】

前世占いの60種類のキャラクターのうち、「落語家」タイプの人を紹介します。

目次
落語家タイプの性格
落語家タイプの前世
落語家タイプの現世

「落語家」タイプの人の前世と性格

  • 努力は嫌い!努力の姿を見せるのは好き
  • 決めたら最後までトコトンやる
  • キレたら怖いので注意!
  • 無理だと思ったら挑戦しない
  • 組織より勝手気ままな個人プレー
  • 細かい計算はできないが根回しは得意
  • 人の話は聞く必要がないと思っている
  • 敵味方を明確にするために中立を攻撃
  • 常に「明日はない」と思っている

「落語家」タイプの人の前世

落語家として寄席で多くの民衆を魅了し、庶民の大衆娯楽として流行の最先端を突き進んでいました。

内向的でデリケートな面もありましたが、かゆいところに手が届く細かな気配りは師匠に喜ばれ、物事に失敗しても深く落ち込まず、気持ちを切り替えることのできる一面は兄弟子に可愛がられる一因となっていました。

大相撲が大好きだったので、興行日が重ならない日はいつも見に行っており、関取と顔なじみでした。

「落語家」タイプの人の現世

根気、忍耐力ともにあり、少々のことでは動じない大きな器の持ち主で折り目正しく上品で、穏和な性格。

色気があるのに異性に媚びたりしないため、同姓に好感を持たれる。

目標を持って努力し、約束はきちんと守るので信頼は厚いが、他人には見せない自我を、身内にはストレートにぶつけるところがある。

社会の動きを読む力はあるが、政治的手腕に欠けるところがあり、交渉や根回しは苦手。

独立心旺盛でグループのリーダーシップをとるよりワンマンプレーが得意。

猪突猛進の一面があるので要注意。

落語家タイプは?【前世占い】シェア・ツイート
Facebookシェア
Twitterツイート
結月の ... 占いますぅ。鋭意 配信中!
Facebookページ
Twitterアカウント
占い鑑定師 結月
恋愛運や仕事運・金運などの運勢は善行で上がり、悪行で下がるものです。無料占いに示された相性や性格診断に捉われずに素敵な今日を。
最終更新日:2020-07-14